ドライブ好きな子どもになってほしくてやったこと

子育て
スポンサーリンク

夫は結婚前からクルマに乗っていたし、学生時代からクルマに乗っていたせいで近所でもクルマで移動しようとする。なのでデートでもクルマだったし、電車でのデートはほとんどしたことがありませんでした。

 

なので、子どもを生む前の不安の一つは長距離のドライブができなくなることでした。

我が家の場合は長距離といっても3-4時間くらいのドライブです。

子どもってすぐぐずりそう。

大荷物持ってベビーカーで電車でおでかけするのはやっぱり大変。

他人の目も気になるし。

泊まりなんてとんでもない。

おでかけするならクルマがいいなぁ。

 

そんなわけで、クルマが好きな子になってもらおうと対策しました!

 チャイルドシート

 

私たちがやったのは、

①できるだけ小さいうちからクルマに乗る習慣をつけること!

②クルマに乗った先に嬉しい体験が待っていると感じさせること!!

 

1ヵ月検診が終わった頃からできるだけクルマに乗せるようにしていました。

(実は1ヵ月検診もまだ受けていないまさに新生児のとき、犬がジャンプに失敗して骨折して入院するという大事件が起こったため実際はその頃から乗っていました、、) 

かといって毎日乗せていたわけではありません。クルマのことを忘れないペースで、ということで月に2~3回くらいです。

月に1回は長距離(200km)くらいのドライブをするようにしていました。

最初は休憩をこまめにしていましたが、ぐっすり寝てしまうと休憩なしでも200kmいけました。

 

0歳のうちはクルマの中ではほとんど寝ていました。

1歳が近づいて生活リズムができてきた頃はあまり寝なくなりましたが、外の景色を見たり私と話をしたりして機嫌よく過ごしてくれました。

2歳になり、最近は車酔いはイヤイヤ期もあってぐずることも以前より多いですが、クルマの旅には慣れています。クルマが止まるまでチャイルドシートから出られないことは知っています。一度チャイルドシートのベルトを締められたら無駄な抵抗は基本的にしません。よく理解しています!

チャイルドシートに座る子ども

 

頻繁にじいじ、ばあば、ひいじいじに会いに行きました。旅先ではうれしいことがある!と赤ちゃんもわかるでしょう。クルマで出かけると楽しいことが起こって、疲れて寝てしまうと家についている。そんなイメージになってくれたらいいなと思っていました。

その甲斐あってかうちの子どもはクルマが好きです!

 リアシートからみたフロントの光景

もちろん個人差あると思いますが、慣れだと思います。

 

クルマに慣らすためには、小さい頃から定期的に乗る。

乗って着いた先にはうれしいことがある!と教えてあげる。

うちの家族はみんな、クルマは乗るのも見るのも大好きです!

スポンサーリンク

コメント

error:Content is protected !!