ポルシェというモノづくりの情熱を感じさせられた

ポルシェ

夫がお邪魔してきた新型マカンのお披露目イベント。

新型マカンの発表というのはもちろん重要なのですが、運転しない私とってはより興味があるのはポルシェが開催するイベントとはどんなものなのか、ということでした。

 

そもそもクルマは軽自動車しか運転したことがない私。なのに、夫がマカンを買ってからは私まで「ポルシェ最高!!」と感じています。ポルシェで生活が変わったと言っても過言ではないです。

もし「子どもが小さいからまだポルシェは、、」と思っている方がいたら、それを理由にせず早くポルシェ体験をしてほしい!と思ったことがブログを始めたきっかけでした。

それもこれもポルシェマジック。ポルシェのブランド力に完全にやられています。

乗る位置は常に後部座席なのになぜポルシェに惹かれるのかわかりません(笑)

ポルシェブランドを少しでも理解したい。だからポルシェのイベントってどんななんだろう、と気になっていました。(行けなかったけど、泣)

 

今回のイベントのテーマは「Choose Thrilling The New Macan」

新型マカンイベント テーマ

 

マカンで、より刺激的なライフスタイルを!

マカンでドキドキわくわくしちゃってくれ!ってことですね。マカンらしいスポーティーでアグレッシブなテーマ!

マカンってこういうクルマなんですよね。マルチに使えるSUVだけど、イケイケなスポーティースタイルを貫いている感じ。

私のイメージでは、マカンはパナメーラほど真面目っぽくなく、カイエンほど大人っぽくもない感じ。やんちゃだけど要領がいいタイプと言えそうです。(私の逆ですw)

 

夫は、イベントの現場でポルシェジャパンのイケメンブランドマネージャーA氏と話す機会があったようです。

「会社の人!?直接しゃべったの!?」と聞いたら、担当が用事で抜けた際に自分からふらっと話しかけにいったようで。私からしたらその行動こそChoose Thrillingです。爆

 

夫は相手が外国人だろうが初対面だろうが物怖じせず話しかける、、強靭なメンタル。(興味がある分野限定。 興味がないと、シャッターを下ろすというか、存在すら無視する恐ろしさw)

 

A氏もポルシェへの情熱が大きい人のようで、ポルシェの魅力について熱く語ってくれたらしい。

A氏によると、

ポルシェはただ出力(馬力)が大きいければ良いとは考えていないらしい。

全体のバランスやハンドリング、アジリティーも重要だと考えている。ブレーキやアクセルを踏んだ時のレスポンスの良さを追求するために、エンジニア達は自分たちで実に1万km以上乗って、細かな修正を繰り返しているらしい。

これだけ聞いても、とんでもなくモノづくりにこだわりを感じます。

 

夫はその内容に共感するとともに、ポルシェジャパンのブランドマネージャーが大きな情熱や信念を持っていることが嬉しかったようです。「ブランドマネージャーがあんなに熱くプロダクトについて説明できるブランドは、そんなにないよ」って辛口の夫がべた褒めでした。

 

研究し尽くされたクルマ。妥協を許さないエンジニアたちの執念が形となって1台のクルマが完成している。素人の私から見て、ポルシェは値段の差こそあれ、エントリーモデルに当たる車種がないように感じます。どの車種・グレードであっても個性があって、それぞれ完成されている、ような印象です。

 

担当Y氏の言葉を借りるならば、「ポルシェはまず乗って感じて欲しいおクルマです」とのこと。

一度乗っただけでも感じられるほどの差別化が実現できている完成度の高さ・・・

それがポルシェの揺るがないブランド力を支えているのかもしれません。

 

さらに、会場には新種の影が・・・

新型マカンイベント タイカンのシルエット展示

これが噂の電気自動車、タイカン!!! シルエットだけ。

ポルシェ初の電車自動車、これもすごいクルマができそうです。きっと今もエンジニア達が研究を重ねてくれているんでしょう!夫はインフラの普及が最大の課題では??と考えているそうなのですが、実際はどうなんでしょうか。日本ロンチ、楽しみですね♪

 

ポルシェブランドにはたくさんの人の情熱が詰まっていることを知りました。これはますますファンになっちゃいますね。

夫がお土産をもらって帰ってきました。ポルシェグッズが増えた!!わーい!!

新型マカンイベントでの配布物

スポンサーリンク

コメント

error:Content is protected !!