ポルシェにあるたくさんのオプションがクルマの個性を生み出す

ポルシェ
スポンサーリンク

ポルシェは本当にオプションの数が多い。そして、高い(笑)

選ぶのが大変だし、最初からつけておいてくれればいいのにーと思っていましたが、夫の考えは違いました(笑)

 

より一層、自分のクルマへの愛着が深くなりますね!

 

ポルシェ公式ホームページのカーコンフィグでは付けたいオプションを選んでカスタマイズのシミュレーションができます。

そう、夫がマカンを買うと決めてから来る日も来る日も見ていたあのページ。

ボディーカラーとシートカラーを組み合わせてみるだけのツールだと思っていた。

(ボディーはホワイト、シートはブラック、と早々に決まっているのに何で毎日毎日同じ写真を見ているんだろう、、、)

カラー以外にも細かい部分までオプションをシミュレーションしていると教わりました。

 

ほうほう。

夫の影響で「ホイール」と「キャリパー」というパーツの存在は知っている私。

キャリパーっていいですよね。ぱっと見ではわからないけど、ふとした時に見えるさりげないオシャレ。

性能についてはよくわからないが、とりあえず気になる。

 

「GTSの赤いキャリパーかっこいいなー!」

「黄色いキャリパーのホイールは100万越え。たかー!」

マカン PCCB

マカン
引用: ポルシェジャパン公式ホームページhttps://www.porsche.com/japan/jp/ より

(黄色の911かっこいいもんなぁ。ポルシェの絵の具は高いのね。)

なんて思っていました。

 

キャリパーに興味を持ちつつ、若干の不信感を抱いていました。 

しかし!夫に教わりました。それはただの絵の具代ではないことを!!

PCCB

PCCB
引用: ポルシェジャパン公式ホームページhttps://www.porsche.com/japan/jp/ より

カーボンセラミックブレーキ、というやつだそう。

ブレーキをかけてクルマを止めるのに使われるローターの部分。ここが普通は鋳鉄でできていいる。だから洗車で錆びる。

初めて錆びているのを見たときは、それはもう驚きました。

ピカピカのシルバーだったホイールが黄ばんでいるわけですから。

カーボンセラミックブレーキは金属じゃないので錆びない。

ほう、それはいいですね。洗車も安心。

 

ではなくて、もちろん性能の方がよいらしく、軽くて熱容量が大きいらしいです。

たしかに重いものを止めるのって大変ですもんね。摩擦で制動するので、ローターの熱容量が大きい方がよく働きますね。

一応理系出身の私、それくらいは何となくわかります。

つまり黄色いキャリパーのブレーキは制動力が抜群らしいです。

 

パキッとした鮮やかなイエローのキャリパーに錆びないローター。

見た目重視の私にとってはますます惹かれます!

 

しかし夫は、「見た目だけで欲しいけど(笑)、公道だけしか走らない人には必要ないかなぁ。馬力1500くらいのクルマとか、サーキット走る人なら使えるかもね」

 

そうなのかー。黄色いキャリパー見たかった、、、

とこんな会話をしながらカーコンフィグしてみます。

 

本当にオプションの数が多いですよね、、、

現行マカンSを例にすると、

ボディーカラーで10色

ホイールで7種類

シートカラーで14色

さらにシートの形状で3種類

これだけで2,940通りの組み合わせ。

 

さらにオプション装備は100以上ありました。(数えましたが途中で断念しました)

それぞれ付けるか付けないか選ぶと、2の100乗だから

1.267.. x 10の30乗

、、、もはやよくわからなくなってきました。

とにかく無限大のカスタマイズというのは間違っていないようです。

 

クルマに興味がない私でもいじれちゃうカーコンフィグ。

買うわけでもないのにあーだこーだ言いたくなりますよね。

かなりマニアックで「必要なのか?」と思うオプションもあります。

(ドアの持ち手を黒くするとか、普段は見えないアルミ燃料キャップとか、笑)

クルマ好きの人にはそりゃあもうたまらないでしょうね。

夫がカーコンフィグにハマる理由が少しわかった気がしました。

 

色々とコンフィグして見て一番惹かれたオプション。

やっぱり黄色いキャリパーだった。

見た目も抜群にいいし、性能もいいし、(でも高い、、泣)

うん、カッコイイ、、、街で見かけたらガン見します!!

スポンサーリンク

コメント

error:Content is protected !!