ポルシェのある暮らし

マカン納車から1年経ったので感想まとめ

2018年10月末に納車したマカン。

乗り始めて1年。

はや1年。もう1年。

マカンに乗り始めてかなりライフスタイル変わったなと思う。

メリット、デメリットや感想などをまとめてみる。

納車1年の実績

走行距離 9,500kmくらい。

ほぼ1万キロ。

購入してすぐの頃はたくさん乗っていた気がするが、今年は私が怪我をしていた期間もあり1年1万キロのペースを超えることはなかった。

マカンにしてよかったこと!

見た目はキレイを保てている

色褪せ、黄ばみはなし。

ポルシェの塗装って何層にもなっていて、変色しにくいと聞いたことはあったけど

実際に1年経って変化はほぼない。

まぁまだ1年だけども。

納車時にはボディーのコーティングをしてもらっていた。

そのおかげもあってボディーはキレイ!

このコーティングのおかげで洗車時は洗剤を使わず、水で流すだけでピッカピカになる。

夫いわく、洗剤使わないほうがコーティングが長持ちするんだとか。

大雨のときはまるで天然洗車。雨が降る前より汚れが落ちていたなんてこともあった。

洗車頻度は月に1~2回くらい。

これで十分キレイを保てる。

乗りごこちは快適!

ラグジュアリー大型ミニバンのヴェルファイアからの乗り変えだから、乗り心地は悪化するかと思っていた。

でも、私はマカンの乗り心地の方が好き

たしかにシートはヴェルより狭いし。

高級感もないが。

何より安定感が優れている!!!

左右に揺られる感じがない安定走行は、特に長距離のときに疲れにくい。

あくまでも主観なので、

マカンが好きだからマカンに乗っていると疲れない

という論理もあるかもしれない。

いずれにせよ、乗り心地の良さは意外なメリットだった。

到着時間も短縮

なんとなく走っているだけで到着時間が早くなった。

それってスピード出しすぎでは!?

とも思ったけど、スピード自体はそこまで変わっていないはず。

夫はいつもスピード違反しないように速度気にして走ってるし。

おそらく、高速道路などで踏み込まずとも安定走行ができるので、運転が安定し、車線変更もスムーズで、結果として時短になるみたい。

何も考えないとスピードが出すぎるらしいので、それは注意が必要だけど。

悪かったことも少しある

ドアの開け閉めに気を遣う

スライドドアではないので、駐車場では隣のクルマにぶつからないように開けないといけない。

やっぱり車幅のあるクルマなので狭い駐車場では乗り降りに気を遣う。

マカンの欠点は無駄に広い車幅!

「もう10cm狭く」とまでは言わなくても、もう5cm狭くてもいいのでは!?(爆)

子どもが成長して前の座席を蹴れるようになった

マカンは横には広いけど、前後は広くない。

子どもが2歳後半になると、後部座席のジュニアシートからフロントシートの背もたれを蹴るようになった。

成長して足が届くようになってしまった。

ぐずった時はゲシゲシゲシ

靴は脱がせているし、カバー代わりにシートポケットもつけている。

だからシートが傷つくことはない。

でも前に誰か座っている時は大迷惑!

これは子どもをしつけましょう(汗)

何のクルマ乗ってるの?に答えにくい

ポルシェって高級車のイメージだから

「ポルシェだよ」「マカンだよ」って

なんか答えにくいんだなー。(爆)

特に以前の私と同じくらいしかクルマの知識がない同レベルの友人には

ポルシェなんて言ったら引かれるんじゃなかろうか

なんてビビっている。

今は「夫の趣味でねー、よくわからないドイツ車だよ」なんてごまかしてる。

以上、マカンに乗り変えての感想まとめでした。

ポルシェセンターで新車を買ったから、3年のメンテナンスパッケージがついている。(なんと無料!)

1年点検とまたコーティングもしてもらえる。

近いうちにポルシェセンターに行こうと思うので、また1年点検の内容については記事にします。

error: Content is protected !!