子どもの車酔い

ポルシェ
スポンサーリンク

とある連休の初日。

クルマに乗ってお出かけに出発しました。高速に乗ってほどなくして、ひどい渋滞にドはまりしました。

少し進んでブレーキかけて、の繰り返し。息子の機嫌がみるみる悪くなっていきます。

 

渋滞にハマって1時間半くらい経った頃、息子の様子がおかしい。

 

ひっくひっく

しゃっくり?

ひっっ

 うぇ(ピーーーーーーー)

 

盛大に嘔吐しました。

まもなく2歳になる息子。生まれて初めての嘔吐。

洋服もチャイルドシートも大惨事。

 

チャイルドシートは悲惨な汚れ方をしましたが、奇跡的にマカンに被害はありませんでした。

チャイルドシートとシートの間にカバーを敷いていたことと、足元のフロアマットの上に新聞紙を敷いていたことがよかったようです。

 

ちなみに、我が家はIntiPalチャイルドシートカバーを使用しています。

降ろしてあげたいけど大渋滞でSAはまだまだ先。

でも吐いた後の子どもは元気です。

 

きいろ!あか!!きいろ!!

 と、周りのクルマの色を見ています。(まだ赤、青、黄色しか知らない)

 

着替えて、掃除して、また座らせて、そしてまた・・・

 うぇ(ピーーーーーーー)

 嘘でしょ!!!?2度目。

 

着替えて、掃除して、また座らせて、そしてまた・・・

 うぇ(ピーーーーーーー)

 嘘でしょ!!!?3度目。

 

・・・もう洋服もタオルもありません。仕方なく、パジャマを着せました。

これが汚れたら、もういよいよ着せるものが何もない。ヤバイ。。

 

そんなハラハラした状況で渋滞をノロノロ。。。

息子の気を紛らすように風船で遊んだり、だましだまし。。。

ようやくSAに辿りつき、公園で遊ばせて、疲れるように走らせます。

吐いてすっきりしたのか、元気いっぱい。

 

遊ばせてる間にゴミを捨てて、掃除で使い切ったティッシュペーパーを購入。多めにビニール袋も貰いました。

  

教訓。

  1. 渋滞を避ける。
  2. 渋滞を避けられないなら、出かける前に子どもを疲れさせて道中寝てくれるように仕向ける。
  3. なかなか寝ないときは子どもに話しかけたり、手遊びをして気を紛らわせる。
  4.  吐いてしまったときを想定して、持ち物は大目に用意する。

着替え、ティッシュペーパー、ウェットティッシュ、タオル、バスタオル、エチケット袋、匂いの漏れないビニール袋(汚れた洋服、ごみを入れる。車内はこもるので二重にする)

 

後で調べてみると、赤ちゃんの時は酔わないが、2歳くらいから車酔いをし始めるらしい。

でも酔い止めが飲めるようになるのは3歳から。

この1年間は薬に頼らず、対策しなければいけません。

 

小さいお子さんをお持ちの方、がんばりましょう!!

スポンサーリンク

コメント

error:Content is protected !!