ポルシェ

新車で買ったポルシェの1年後の値落ち率は?

夫は当初より新車で買ったマカンの査定額の下がり方を意識している。

新車を購入したとたん、そのクルマは新車から中古車になる。

そして何年何万キロと乗っていくにつれて、値段は下がっていく。

その下がり方のペースをわかりやすくグラフにしてみた。

夫が値落ちのペースを気にしているのは、乗り替えることを想定しているためだ。

夫はマカンを5年のパワーローンで購入したが、フルで5年間乗り続ける気はもともとなく、途中で乗り替える予定らしい。

先日の記事で紹介したように、パワーローンはローン期間フルで乗らなくてはいけないわけではない。

いつでもクルマを手放してローンを終わりにすることができる。

重要なのは、その時点のクルマの売却価格とローン残高

クルマの売却価格がローン残高を上回れば手元にお金が残るし、クルマの価格がローン残高よりも低かったら差額は返済しないといけない。

だから、夫は早々からこのクルマの売却価格とローン残高を念入りに計算していた。

売却価格(予想値)とローン残高の関係

夫の話を参考に売却価格(予想値)とローン残高の関係をグラフにしてみる。

我が家のマカン情報

  • ローン金額 約930万(車体本体価格859万円 オプション約200万円 少しだけ頭金あり)
  • 金利 0.9%
  • 回数 60回

この値落ち率は夫がポルシェセンターの担当Y氏への聞き取りや市場のクルマを念入りに調べた結果だからある程度の妥当性はあると思っている。

とはいっても必ずしもこの通りに動くとは限らないので、参考程度に見ていただきたい。

パワーローンの乗り換えタイミング見極め

いつ乗り替えるのがオトクなのだろうか。

上のグラフをそのまま信じると、

3年乗ると持ち出しなしでローンを返済できそうな予想。

4年たつと下取り額がローン残高を上回る。

そうなると差額は次のクルマの頭金にまわせるのだ。

夫はこの計算をしながら今のマカンに何年乗ろうかと考えているらしい。

もともと5年間乗るつもりはない。

どのタイミングでどのクルマに乗り替えるか、がポイントだ。

夫にとって「5年は長い」。

たしかに5年もあれば我が家の場合3回くらい引っ越している。(爆)

今までで一番長く乗ったクルマも私が知る限り2年くらいしか載っていない。(爆)

次は新型GTSに乗り替え!?

マカンに乗り始めてもうすぐ1年。

半年前くらいから2台目がほしいと言っていた夫が最近は「マカンは次はGTSかなー」と、マカンの次についても口にしている。

私は今のマカンが気に入っているからあまり乗り替えたくない。

夫もマカンは「本当にいいクルマ!!」と不満はないらしい。

でもマカンSからマカンGTSに乗り替えることも視野にいれている様子。

新型マカンターボが発表されて、新型マカンGTSは2020年に発表と予想!

そうすると新型マカンGTSの納車が始まる2021年頃に既製車で買うことになるのかな?なんて思っている。

と思ったら、「次のGTS買うならさらに次のベースグレードかSの方がいいかな。次のフルモデルチェンジは大きく来そうだから。」なんて言っている。

全く予想がつかない(怖)



error: Content is protected !!