マカン

クルマの下取り価格と売るタイミングの見極め

先日紹介した新車の値落ち率。

ある程度の妥当性はあるグラフだと思っている。

でも、我が家のマカンの価値がこの想定どおりに動いているのか気になったので実際に査定を依頼して確認してみた。

夫「家族4人(大人2人、子ども1人、犬1匹)で911にしても大丈夫かな?」

なんて爆弾発言も飛び出しているので、いつ夫が買い替えを決断する日が来てもおかしくはないため(怖)

 

査定をとってみる

ポルシェセンターY氏に頼み、今の我が家のマカンについて査定を取ってみることに。

乗った期間:1年

走行距離:約1万キロ

事故歴、修理歴なし。

数日後、回答をもらうと700万円くらいとのことだった。

だいたいの査定額がグラフどおりになっていることを確認できた。

実際に売るとなれば他社にも査定を取って高く買い取ってくれる業者を探したり、値上げ交渉をしたりすることになるだろう。

とりあえず今は売る決心まではしていないので今回はここで終了。

 

クルマの査定額は常に動く

クルマの価格はおもには年式や走行距離、修理歴などによって大きく変わる。

あとはオプションやカラーなどにも左右されるだろう。

基本的には年数がたつにつれて、査定額は下がっていくだろう。

 

レア車は値上がりもあり得る!?

夫が旧型ボクスター981 GTSを探していた時のこと。

ボクスターは現行モデルは718(982)になってしまい、981は新車では買えない。

この981 GTSはNAタイプの最後のボクスターということでとにかく人気らしく、中古車市場でも売りに出すとすぐ買い手がつくような状況らしい。

夫も中古の981GTSを見つけても、次の日には検索結果から消えている(もう売れた)ということが何度もあった。

まさに飛ぶように売れている。

こういう状況だと当然値段は上がる。

常々価格を確認している夫は「まちがいなく値段は上がっている」という。

 

売り時はよく時世をとらえることが大事

基本的にはだんだんと下がっていき、売り時が遅すぎると今度は全く金額がつかないなんてことにもなる。

だったらいくらかで売れるときに売って、新しいクルマに乗り替えていく選択も大事。

自分のクルマが予想よりも高く売れるかもしれない。

もしくは想定よりも価値が下がってしまっているかもしれない。

いずれにしてもポルシェの場合は特に同じクルマは2台とないので、査定はとってみないとわからない。

よく時世を捉えてクルマ乗り換えのタイミングを見極めることが重要なのだと思う。

夫がよく中古車サイトを見ているのはこういうことなのかなと思った。

(ボクスターや911を探しているのかもしれないが、、、怖)

 

 



COMMENT

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。