オプション アルミルック燃料キャップ

ポルシェ
スポンサーリンク

初めてのガソリン給油を経験しました。

私は自分のクルマを持ったことがありません。だからガソリンの入れ方も知りませんでした。

 

先日、セルフのガソリンスタンドに行きました。

たまたま子どもが寝入っていたので、私が給油をやってみることに。

 

夫に教えてもらいます。

 

ここにクレジットカードを入れて、Tポイントカードを入れて、

(夫のクレジットカードの後に自分のTカードを入れる私。ふふ)

 

「ハイオクだからね。間違えないように。」

 

ほうほう。

 

クルマの後方についている燃料入れ口を開けます。

 

ん?

 

どうやって開けるんだ?爆

 

前のクルマでは運転席で何かボタンを押していたような。

マカンは違いました。パネルの部分を押し込むと反動で浮いてきて開く仕組み。へー。

他のポルシェも、押し込み式なのか気になりますね。

 

中にはキャップがついているのでキャップをくるくる回して、そこにハイオクのホースを差し込んでレバーを押す。

ドボドボドボ、、

ほうほう。これで給油ができているんですね。

 

満タンになるとレバーが固くなり、それ以上入らなくなります。すごーい。

 

私にとって人生初の給油がポルシェになってしまいました。またしても、恐れ多い。。

 

さて、ホースを戻して、キャップをして。

 

私「ところでこのキャップ、なんか銀色でかっこいいね。」

 

夫「実はそれもオプションなんだよ。」

 

えっっ!?このキャップが!?

 

夫「値段は知らない方がいい。」

 

そんなこと言われて黙って終わるわけにはいかない。

ええ、もちろん調べましたよ。

 

これか!!

 

アルミルック燃料タンクキャップ

 

えーと、、、

 

24,000円!!!!??

 

高っ!!何代!?!?(このセリフ何回出てくるんだ、このブログ)

普段は見えないキャップの色なんて何色でもいいのにっ!!

 

夫は気に入っている様子。

 

たしかに私もかっこいいと思ってしまった。

1,000万円超えのクルマなら2万円くらい誤差のレベルなんだろうか。

ポルシェらしい値段設定、恐れ入りました。

スポンサーリンク

コメント

error:Content is protected !!