ポルシェを新車で買うと最大1年待ちらしい

ポルシェ
スポンサーリンク

ポルシェのマカンを購入するにあたって、中古車より新車で買った方が月々の支払額が抑えられることがあるらしい。

カラクリは残価型ローン。

ポルシェは価値が下がりにくいので残価型ローンのメリットが非常に大きい。

そう、あのマカン試乗の日、夫がポルシェセンターの担当S氏と何年で30%だ40%だと話していたあの会話の意味でした。

全額ローンだとそれはやはり結構な金額になるが、残価型ローンは月々の支払いがかなり抑えられる。夫の頭の中では、ローンの期限が来たら次のクルマに乗り換える、という想定らしい。 

 

「じゃあ新車で決まりじゃーん!ピカピカでうれしー!!」

とウキウキしていた私だが、そう単純な話でもないらしいのです。

 

ポルシェセンターの担当S氏によると、ポルシェは基本的に、生産枠と呼ばれる毎月の生産台数と、日本の各ポルシェセンターへの割り当て台数が決められているらしい。

そのため、実際にクルマを受け取れるまでにかかる期間は、早くて半年。長いと1も掛かることもあるらしい。

ポルシェの納期、長い。

 

夫「これはないかな。おれ、そんなに待てないもん。」

 

たしかに、1年って長い。

 

 1年あれば、歩けなかった赤ちゃんは走り回るようになる。転職しているかもしれない。引っ越しているかもしれない。病気やケガをしているかもしれない。はたまた生きているのか、、(考えすぎ)

 

ほしいクルマ変わってるんじゃね!?

 

私「私も待てない!どうしよう!!!」(ここは夫に完全同意)

 

翌日、新車にも生産済みの既製車があることを知った夫。

既製車なら納車を待つ必要がない。これは朗報!!

各ポルシェセンター(PCって言うらしい)に既製車があるかどうか電話してまわる夫。

 

夫「週末、○○行くから。」

 

(「はーい!(少し遠いけどドライブいいね!わくわく!)

 

よく聞けば、PCでお得なキャンペーンをやっていることをかぎつけた模様。すでに話をつけ、アポをとったとのこと。どうやら気にいる既製車があるかどうか話を聞きに行く予定らしい。

 

本当に仕事が早い。

 

夫は週末までの数日間、来る日も来る日もパソコンに向かい、同じ写真を見ています。(実際はモデルとかオプションとか違うらしい)

カーコンフィグでずっと見ているマカン

マカン
引用: ポルシェジャパン公式ホームページhttps://www.porsche.com/japan/jp/ より

 

 

あーでもないこーでもないと、オプションを変えては比較しているようです。

 

夫「アダプティブクルコンいるかな?

 

私「高速ではあったら便利なんでしょ?つけたら?(実家で軽自動車しか運転しない私には、どっちでもいい。)

 

夫「そうなんだけど、ポルシェは自分で運転する楽しみがあるじゃん」

 

私「じゃあなくてもいんじゃない節約ってことで!」(だから!軽自動車しか運転しない私はわかりませんってば)

 

しばらくして、

 

夫「やっぱり必要だな!」

 

(やっぱり私に聞いた意味ない!!!爆)

 

そしてその後、意外にもあっさりと愛車と出会うことになる。

スポンサーリンク

コメント

error:Content is protected !!