マカンのおすすめオプション

【ポルシェマカン】平均オプション費用は約180万円!

マカンを新車で購入する際、全ての人が悩むこと。

それは、どのオプションを付けるかという問題だ。

みんなどれくらいオプション付けるんだろう?

評判の良いオプションはどれ?

今回はそんな疑問をお持ちの方に向けて、ポルシェセンターで聞いてきた最新のマカンオプション事情をまとめていく。

オプションにかける費用は年々上がっている!?

新型マカンになってクルコンが標準装備になり、2021年モデルからはついにキーレスエントリーが標準になる。

標準装備オプションが増えると、その分オプションとしてかける費用は減ってくるのでは?

と思いきや、ポルシェの場合はらしい。

マカンの平均オプション費用は前期型モデルの頃は120~130万円程度だったのが、最近では平均で170~180万円くらいに上がってきているらしい。

もちろん平均値なので、全然オプションを付けない素の状態で買う人もいるし、オプションてんこ盛りで300万円超えという人もいる。

でも平均で170~180万円くらい付けるということは、結構みなさんオプションを付けているということでは?

オプション費用で180万円って、ポルシェのコンフィグしすぎてると普通な気がしてしまうけど、それだけで軽自動車なら新車で買えそうな額だ。

結構オプションにお金をかけている。

ポルシェを買う人って、初めてだったとしても、やっぱり「こだわり」を持った「クルマ好き」な人が多いんだなーということが想像できる。

180万円でどんなオプションが付けられる?

では、コンフィグオタクの夫ならどんなオプションを選ぶのか?

最新2021年モデルで180万円の予算でオプションを選んでみたもらった。

オプション予算180万円のマカンコンフィグ結果

予算重視なのでグレードはベースで。選んだ結果がこちら。

いつもぶっとんだコンフィグをしがちな夫も、今回は「万人受けしそう」なオプションがずらり。一つずつ見ていこう。

エクステリアカラー:バルカノグレーメタリック

+159,000円

カラーは追加費用なしのホワイト・ブラックでも十分きれいなんだけど、最近耳にした「ソリッドカラーよりもメタリックカラーの方が経年劣化しにくい」という噂もある。これって本当?

メタリックカラーは偏光ラメ?のようなキラキラが入っているので、写真で見るより実物の方がきれい!!

今回は夫の一押しのバルカノグレーメタリックを選択。

先日ポルシェセンターでマカンGTSのバルカノグレーメタリックに遭遇!この色、本当にカッコいいよ!!

 

19インチMacan Sportホイール

+250,000円

ポルシェ好きな人はホイールにこだわる人が多そう。クルマ好きな人って本当によくホイール見てる。

うちのマカンは19インチでまぁまぁカッコいいかな?なんて思ってたけど、とある駐車場で遭遇した20インチのホイールを付けたマカンはやっぱりカッコよさが段違いだった!

並んで見比べると、小さいとなんか見劣りしちゃうような・・・

角度が違って申し訳ないが、マカンのホイール3サイズを見てみる。

ホイールって後からでも変えられるけど100万以上かかるから、最初が一番安く選べるから最初が肝心!

カラークレストホイールセンターキャップ

+27,000円

ポルシェクレスト好きの私たち夫婦にとって、ホイールの真ん中がカラーなのはかなり大事。

インテリアカラー:スタンダードインテリア ブラック・モハーヴェベージュ

+38,000円

オールレザーにすると50万円を超えてくるけど、デフォルトのパーシャルレザーの中からでも2トンカラーが選べる!

たった38,000円でちょっと明るめの小洒落た雰囲気にできるブラック/モハーヴェベージュはかなりお買い得な気がする。

インテリアの高級感重視の人はオールレザーがよい!

エクスクルーシブデザイン燃料タンクキャップ

+22,000円

これは超おすすめ!!

普段は見えないところだからいらないという人も多いだろうけど、面倒な給油の時に気分を上げてくれる代物!ガソリンスタンドに行きたくなる!!

 

ペイントリアセンターエプロン

+74,000円

エクステリア系のオプションは本当にいっぱいある。
今回はリアセンターエプロンを外装色と同じにしてくれるオプションを選択。

このほかにもサイドスカートの黒い部分を変えたり、ドアレバーの色を変えたり、後ろのロゴを外したり色を変えたりできる。

いろいろなオプションが10万円以下の低価格から(ものによっては0円!)で選べるので、好きなものに選ぼう!

PASM(ポルシェアクティブサスペンションマネージメント)

+193,000円

デフォルトのバネサスに加えて、路面の凸凹を検知して電子制御してくれる機能。

乗り心地重視の人は奮発してエアサス(+438,000円)にすると乗り心地は格段にアップする。

スポーツクロノパッケージ

+190,000円

スポクロは鉄板オプションでは?

ポルシェらしいスポーティーな走りを追求するだけでなく、インテリアにモードスイッチ(時計みたいなやつ)が付くのも重要ポイント。よりポルシェっぽさが増す。

パワーステアリングプラス

+44,000円

低速域でのハンドル操作を軽くしてくれる機能。運転しやすさ重視なら付けよう。

LEDヘッドライト PDSLを含む

+181,000円

PDLSはポルシェ ダイナミック ライト システムの略。

照射範囲調整機能、コーナリングライト調整機能、速度感応式照射範囲調整機能およびヘッドライトクリーニング機能が付いているとのことで、安全性の面でもあった方が良いかと思い選択。

プライバシーガラス

+79,000円

サイドリアとバックのウインドウがプライバシーガラスになり、中が見づらくなる。

これはほとんどの人が付けるオプションだと聞いた。

ドライバーメモリーパッケージ

+54,000円

シートポジションとドアミラーを記憶してくれる機能。3パターンまで設定できる。

複数の人が乗る場合は付けた方が絶対に便利だ。

シートヒーター(フロントおよびリア)

+139,000円
夫はシートヒーターをフロントだけ(+70,000円)選択してたけど、私が独断でリアも追加した。

シートヒーターは最強!冬には絶対そのありがたみを実感する。

暖房が効くまでには少し時間がかかるけど、シートヒーターは付けてすぐに暖かさを実感できる。暖かいって幸せ!!

私はリアに座ることが多いので、リアにもほしい!!

フロアマット

+20,000円

クルマを足元の汚れから守るため、フロアマットは必須。

これもほとんどの人が付けるオプションだ。

ちなみにうちではフロアマットの上にさらに新聞紙を敷いている。

 

BOSEサラウンドサウンドシステム

+197,000円

これも意外と人気オプションだと聞く。やっぱりみんなクルマで音楽聞くもんね。

ちょっと高いけど、人気だというなら付けておきたくなる心理。

ひとつ付けたい高級オプション?

このコンフィグでオプション費用は合計1,667,000円となった。

予算の180万円には少し余裕があるが妥当な範囲だ。

ただ、ひとつくらい高級オプションもつけてみたくなる?

  • 高級感重視ならオールレザーパッケージ
  • 見た目重視なら20インチホイール
  • ブレーキ好きならPSCB
  • サウンド重視ならスポーツエグゾーストシステム
  • 乗り心地重視ならエアサス

どれも50万円超えのオプションたち。

高いけど!ひとつだけならがんばれる!!っていうケースもあるかも。

BOSEは外して、スポエグ付けたい!とかもアリ!!

オプション選びは至高の時間!

オプション選びの幅は広い。

ブログにメッセージをくださる方の中にもコンフィグオタクの多いこと、多いこと!!

みなさん、買うタイミングでもないのに「趣味:ポルシェのコンフィグ」という感じ。

ましてやそれが本当に買うとなれば、コンフィグの真剣度は最高潮!!

これがすっごく楽しい時間!!!「自分だけのマカン」を作る時間を満喫しよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。