ポルシェとは

ポルシェを買うタイミングで悩んではいけない

我が家のマカンSは2018年に購入。

実は、新型マカンが正式発表になる直前に購入したのだ。

マカンS

新型を待つべきか

2018年10月。

そのときは新型マカン(現行モデル)の発表直前だった。

新型マカンを待つか。旧型マカンをすぐに買うか。

新型マカンはバックライトが真一文字につながることカーナビ画面が10.9インチに拡大することなどの情報が出ていたが、夫は新型は待たずに現行型の既製車で買うことを選んだ。

普通だったら新型が欲しくなる気もするけど、なぜ旧型に決めたのか?

そのことについて詳しく聞いてみると、夫は以下のように説明してくれた。

「新型は2019年の夏くらいに納車だと思うけど、それまで待てない。」

「バックライトやカーナビはたしかに魅力的だけど、マカンを選ぶ上で決定打にはなり得ない。」

「言うても今回の新型はマイナーチェンジに近いはずだから、リセールにもそこまで影響ないかなと考えた。」

「欲しかったターボパフォーマンスやGTSの新車はおそらく1,2年後に発表で、当分待たないといけない。」

ひとしきり説明した後、こんなことを言っていた。

夫「ポルシェはいつ買ってもそれが最高のタイミングになるように発売されている。本当にマーケティングがうまいよね。」

夫はポルシェのマーケティング戦略を解説し出した。

(あくまでも夫の推察です)

巧みな発売スケジュールマーケティング

夫の考察では、グレードと発売日の関係がかなり戦略的に計画されていると見ている。

夫に言われて初代マカンの発売日をさかのぼって調べてみる。

2014年4月

マカン、マカンS、マカンターボ

2015年11月

マカンGTS

2016年9月  

マカンターボパフォーマンス

じわじわたまに発売してくる。

どうもいっぺんに出さないらしい。

マカンGTSは、出力の大きさではマカンSとマカンターボの間に位置付けられる「走りに特化」したモデルで、約1年半遅れで発売。

下のグレードから順番に出していく、というわけでもないようだ。

ターボパフォーマンスはターボよりも出力が大きい、いわゆるマカンの最上位グレードで発売はターボの約2年半後。

最上位はやっぱり最後なのか。

「いつ買うか」が難しい

この発売順を見ると、「いつ買うか」が非常に悩ましく感じる。

とにかく出力が大きくて最上グレードがほしい!と思う人にとって、「最上位」というグレードならターボパフォーマンスがあてはまるだろう。でも最初のラインナップではターボまでしかなく、そもそもターボパフォーマンスが出るかどうかも、出るとしてもいつなのかもわからない。その場合は、早く乗りたい気持ちもあるし、最初の時点でターボを買うのが正解かもしれない。

一方、ターボまではいかなくても走りを楽しみたい人。グレードではSがGTSあたりで迷う人がいれば、その1年半の差も大きい。下のグレードだけど1年半早く乗るか、待って上のグレードに乗るか。まさに究極の選択。

結論。ポルシェを買うタイミングは非常に悩ましい。

これって、言い換えれば買うタイミングに正解はないということなんだと思う。いや、「いつどのグレードを買っても正解」という方がしっくりくるかもしれない。

「いつ買っても正解」が答え

「ポルシェはまず乗っていただきたいクルマです。」とポルシェセンターの担当Y氏が言っていた。

どんなポルシェでも後悔はさせない。と確信したような物言いだ。

頭で考えるな。とにかく乗れ、そうすればわかる。ということだと理解した。

ポルシェ、ものすごい自信。(爆)

極論にはなるが、ポルシェを選ぶ上でグレードはそんなに気にしなくてもいいのかもしれない。

夫も最初はGTSがいいと言っていたが、ポルシェセンターに在庫車を探しに行ったときにGTSはなかった。一方で、カラーリングやオプションが希望どおりドンピシャのマカンSがあった。だからGTSではなかったが、マカンSを購入した。

そのことを夫に聞くと、

Sを買って後悔は1mmもない。」

と断言する。

たしかに今もまだGTSに乗ってみたい気持ちもあるらしい。

というか、最近はもっとほかのポルシェにも乗りたくて911カレラやら718ボクスターやら調べている。

それは、マカンSが物足りないからではない。

むしろその逆で、マカンSがいいクルマ過ぎて、もっとポルシェを楽しみたい!!と気持ちが発展していると分析する。

新型マカン、今後の発売予定は?

昨年発表された新型マカンの発売日は、

2018年11月1日

マカンベースグレード

2019年1月18日

マカンS

2019年10月1日

マカンターボ

2020年1月15日

マカンGTS

新型マカン

1年ちょっとの間に続々と出てきている。

ターボからGTSなんて3ヶ月ちょっとしか開いていなくて、結構ハイペース?

このあと、ターボパフォーマンスも発表されるのか?と予測はできるけど、実際のところ何もわからない。

立て続けにハイペースで出してきているのも、きっと次のフルモデルチェンジのマカンがスタンバイしていてそういう兼ね合いなんだろうな。

次のマカンは電気自動車になるという噂が有力。2021年以降でしょうね。

ポルシェの車種別販売台数から今後のEV化を考えてみる ポルシェジャパンの七五三木(しめぎ)敏幸前社長が、2018年5月にポルシェ70周年を記念するイベントで 2025年までに全販売台...

きっとポルシェ本社では他車種も踏まえた発売スケジュールが綿密に計画されているはず。

ポルシェのマーケティング戦略、実に素晴らしい。

だからこそ、ちょうど今マカンの購入を検討している方にはきっと悩ましい!!

今新型をオーダーするか、旧型のターボパフォーマンスを購入するか。はたまた、次世代電気のマカンまで待つか。

悩ましいけれど、ポルシェのマーケティングは優秀なのできっといつ買うとしても悩ましくなるように出してくる。それが、戦略。

ターボパフォーマンスが出る頃にはまた電気マカンの気配が出始めているかも・・・?

だから、ポルシェを買うタイミングを悩んでも仕方がない。必要なのは「今買うっていう決断」なのかもしれない。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。